お子さんが自分で片付けられるランドセル置き場はどこが正解?我が家でも試せる収納方法3選|ARTIFACT(アーティファクト)ランドセル

後ろ姿に、感性を。

小学校に入学してお子さんの帰宅後の行動パターンが固まってきたら、ランドセルの置き場を考えてみましょう。

入学前に決めておいたランドセル置き場にきちんと収納できているなら問題ありませんが、実際小学校に通い出すと床に置きっぱなしになっていたりあらかじめ決めた場所に置いてくれなかったりすることもめずらしくありません。

お子さんが決まった場所にランドセルを置いてくれないのには、ほとんどの場合理由があります。とくに、ランドセル置き場がお子さんの帰宅後の動線上にないということが挙げられます。

この記事ではランドセルをしっかり収納するための置き場を選ぶポイントや、ぜひ試してほしい収納テクニックなどの情報を紹介していきます。

お子さんが片付けてくれるランドセル置き場の3か条

入学前にお子さんとランドセルを下校後どこに置くか決めている方は多いでしょう。

しかし、実際に小学校へ通い出してしばらく経ったらお子さんは約束通り決められた場所にランドセルを片付けられていますか?

しっかり片付けられているのなら、あらかじめ決めたランドセルの置き場所はお子さんにとっても片付けやすい「正解」の場所だったということになります。

もし、ランドセルが決めた場所とは違う部屋や床の上にいつも置きっぱなしになっているのなら、きっとお子さんにとっては片付けにくいのかもしれませんよ。

お子さんが毎日ちゃんと自分で決められた場所にランドセルを片付けられるように、置き場を決めるときは以下の3か条をすべて満たすよう工夫してみましょう。

上記の3つを押さえておけば、ランドセルがいつも同じ場所に片付けられるうえに、日々の忘れ物も減らせるかもしれません。くわしく解説していくので、ひとつひとつチェックしてみてください。

帰宅後の動線上に置く

お子さんが学校から帰ってきたら、着替えるよりもくつろぐよりもまず、ランドセルを肩から降ろすのではないでしょうか。

帰ってすぐにランドセルを肩から降ろして、そのまま置き場所に持ってこられたらベストです。そのためには、帰ってすぐに向かう場所にランドセルの置き場所を定めておくといいかもしれません。

たとえば、帰ってすぐに行かないのに子供部屋にランドセルラックなどを置いても、結局玄関やリビングに放置されてしまいます。

いつもランドセルが置きっぱなしにしてある場所がお子さんにとって一番置きやすい場所であると理解し、可能であれば帰宅後の動線上に置き場を作ってあげるといいでしょう。

さらにランドセルを置いたらお子さんは次に何をしているのかを観察し、帽子を脱いだり上着を脱いだりするならランドセル置き場の近くに上着掛けや帽子掛けを置いておくと順番に片付けやすくなります。

明日の用意がしやすい場所に置く

ランドセルは帰ってすぐに一旦置いても、筆箱の中身や時間割合わせなど、明日の用意をするためにもう一度持ち運ばなければいけません。

ランドセル置き場と教科書や鉛筆削りなどがおいてある場所が遠いと、結局そこまでランドセルを持って行って次は明日の準備をしていた場所に置きっぱなしになることもありますよ。

ランドセル置き場はお子さんの動線上にあって、なおかつ明日の用意がしやすい場所に定めましょう。

基本的にポンと置くだけで片付く

ランドセルを置いておく場所として、蓋がついていたり扉がついていたりする棚やボックスを用意しても開け閉めのひと手間が子どもには面倒に感じてしまいます。

大人なら片付けたい気持ちが先立って面倒に感じない手間ですが、お子さんはぽんと置くだけで次の行動に移ろうとするのが普通です。

基本的にランドセルを置くだけで片付けができる収納方法を考えてあげると、面倒くさがらずに毎日同じ場所に置いてくれるでしょう。

ランドセルを置く場所はラック?学習机?おすすめの収納方法

ランドセルを収納する場所として、ランドセルラックやポールタイプのランドセルかけなどの家具が販売されています。また、学習机には横にランドセルをかけておくためのフックがついていることも多いです。

ランドセルをどこに収納するかは、置き場をどこにするかによっておすすめの方法が変わりますよ。

お子さんの動線を考えながらどの部屋に置き場を定めるのがベストか決めたうえで、家具などの購入を検討しましょう。

リビング学習派には収納力のあるランドセルラックがおすすめ

一人で宿題をするのが難しい低学年のお子さんや今流行りのリビング学習がメインの場合、親御さんの目が届くリビングなどにランドセルを置いておくのがいいでしょう。

リビングにランドセルを置いておけば、すぐに宿題を出して取り掛かれます。

ただし、ランドセルだけリビングにおいて学用品は子供部屋など違う部屋にある場合は、結局ランドセルを別の場所へ持ち運んだり明日の準備を面倒くさがってなかなかできなかったりします。

お子さんがスムーズに一連の流れができるよう、教科書や鉛筆削りなど明日の用意ができる一式を一緒に収納しておけるランドセルラックをリビングに設置するのがおすすめです。

大手家具店や通販サイトではさまざまなランドセルラックが販売されているので、リビングのインテリアにもあったものがきっと見つかりますよ。

ランドセルと学用品を収納するスペースが一体型となっていれば効率も良く、お子さんも動きやすいでしょう。

子供部屋で勉強できるなら学習机周りに収納がおすすめ

自分専用の子供部屋があって勉強を一人でできるなら、教科書などが置かれている学習机の周りで収納スペースをつくるのがベストです。

多くの学習机には横に専用のフックがありますし、学習机のいすの下にランドセルを置いておける収納スペースが用意されているものもあります。

明日の準備をするためのものがすべて揃っている学習机の近くに置くのなら収納力は十分なので、ランドセルだけ入れておけるボックスやカゴを使って置き場所にしても問題ありません。

学習机の近くにランドセルがあれば、宿題や筆箱もすぐに取り出せて勉強がしやすいでしょう。

省スペース重視なら壁掛けやカラーボックスの活用もおすすめ

もしリビングにランドセルを置くスペースがなかったり子ども専用の部屋がなかったりする場合は、玄関にランドセルを壁掛けできるようフックを取り付けたり、ポールタイプのランドセルかけを使ってみてもいいでしょう。

ポールタイプのランドセルかけなら、帽子やサブバックもそのままランドセルと一緒に置いておけるので便利です。

ただし、教科書など明日の準備をするためのものが近くにない場合、結局ランドセルを移動させてしまう可能性もあります。そんな時は、スペースにあわせてサイズも選べるカラーボックスを活用して、ランドセルや学用品をまとめておけるスペースをつくってあげるのも効果的ですよ。

カラーボックスの上にカゴを取り付けたり、一番下の棚にだけ扉をつけて教科書をしまったりなど、お子さんが使いやすいようにDIYをすれば世界で一つだけのランドセル置き場になります。お子さんも手作りのランドセル置き場なら、毎日ちゃんと片付けるようになるかもしれません。

ランドセル置き場を考えるうえでの注意点

お子さんのランドセル置き場を考えるうえで、以下の注意点も踏まえたうえで決めておくと親御さんも安心です。

ランドセルそのものを大切に使い続けるためにも、ぜひ知っておいていただきたいポイントなのでぜひご覧ください。

ランドセルが傷まないよう置き場所を工夫する

ランドセルを置く際に無理やり押し込んだり、上から圧力がかかったりするような置き場所はランドセル自体が傷んでしまうので避けましょう。

ランドセルに負担がかからないよう、余裕のあるスペースを確保できる置き場所を選んでください。

また、身長の低い低学年のうちはお子さんへの負担も考えて、重たいランドセルを高い場所にあげなくてもいいような工夫もあるといいですよ。

ランドセルラックなどに高さがあると、持ち上げて片付けようとする際にバランスを崩して高い位置から重たいランドセルごと落下する恐れがあります。お子さんがケガをしたり、ランドセルが破損する原因になったりするので注意しましょう。

兄弟がいる場合は一緒に収納するか別々に用意するかも考える

同じ時期に小学校へ通うお子さんが2人以上いる場合、ランドセルラックなどの購入時は別々に置き場所を作るか、一緒に置けるものを購入するか考えておきましょう。

販売されているランドセルラックの中には、2個以上ランドセルを置いておけるものもあります。ただし、学用品もランドセルラックにまとめて置いておくならさらにスペースを確保しなくてはいけないので、それなりに大きなものを購入する必要があります。

お子さん一人ずつに専用のカラーボックスを置いてスペースを作ってあげるのも、おすすめですよ。それぞれ好きな色を塗ったりリメイクシートなどで簡単にDIYしてあげたりすると、愛着が湧きますし自分のスペースがわかりやすくなります。

お子さんたちの行動パターンや性格なども考えて、納得して片付けたりケンカしたりしない方法を見つけてあげてください。

お部屋のインテリアにもマッチするものを用意する

ランドセル置き場がいくら効率がよい場所だったとしても、乱雑にみえたり部屋にあっていない家具を置かなくてはいけなかったりするのは、親御さんもお子さんも気分が向かず結局使わなくなる可能性もあります。

毎日のことですから、お部屋に合った収納場所や方法を考えるのも重要なポイントですよ。ランドセル置き場は親御さんもお子さんも暮らしやすい場所を選んで決めてましょう。

ランドセルの置き場はお子さんの動線と準備のしやすさを考えて決めましょう

結論として、ランドセルの置き場所はお子さんの帰宅後の動線を考えて決めてあげると、自分でしっかり片付けられるようになります。また、明日の準備がしやすいよう近くに教科書や文房具がある場所に定めるとベストですよ。

子供部屋以外の場所に置く場合は、ランドセルと学用品がまとめて置いておけるラックやカラーボックスなどを用意すると便利です。

アーティファクトのランドセルは学習机の横などにかけておけるフックや、横置きや縦置きで収納したときにしたときに取り出しやすい持ち手がついているので片付けも安心ですよ。ぜひ、ショールームやオンラインショップでご覧ください。

販売店一覧

Shoplist
実際にアーティファクトを触って
ご購入いただける店舗をご紹介します。
実際にアーティファクトを触ってご購入いただける店舗をご紹介します。

資料請求

Document
こちらよりカタログを取り寄せることができます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
こちらよりカタログを取り寄せることができます。どうぞお気軽にお問い合わせください。